最高視聴率29.6%の超大作『奇皇后』

韓国ドラマ「奇皇后」はご覧になりましたか?

全51話の長編なので見るには覚悟がいるのですが、見始めると止まりません。

最高視聴率は29.2%(ニールセン・コリア調査)で、同じ時間帯に他局のSBSで放送されたドラマ「気になる話Y」は4.4%だったのでどれほど人気作品だったかが分かりますよね。

本当に見ごたえタップリなんです。

 

大まかなストーリーは、中国の元に高麗人キ・スンニャン(ハ・ジウォン)が貢女として連行されてから、元の皇后になるまでが描かれています。

ヒロインのスンニャンは、貢女だった頃から身分が高くなるにつれ服装やメイクが豪華で華美になっていきます。

眉なんて皇后になった時には、眉間からこめかみに向けて斜め45度くらいに吊り上がっています。

それほど強くいないと、宮中の権力闘争の中では生き残れないということなのです。

四方八方から狙ってくる悪党たちに狙われる度、色鮮やかな毒をはく女性というイメージでしょうか。

ただ、スンニャンは民の平和を願い欲と権力に溺れた人たちを叩きのめしているだけなので、悪人ではありません。

 

ヒロインのハ・ジウォン以外にも私が興味を持ったキャストが2名います。

それは、高麗の王ワン・ユを演じたチュ・ジンモです。

彼が目指しているのは民が幸せになれるように強い国を作る!

イケメンでリーダーシップがあって民を大切にするという完璧すぎる王なのですが、兎に角お顔がキムタクにソックリ!

声はこちらの方の方が渋くて、役柄もありますが私はこちらの方に一票。笑

 

そして、もう一人はタルタル将軍を演じたチン・イハン。

彼も民のための国を目指している人物で、自分の叔父ペクアン(キム・ヨンホ)を刀で刺し殺します。

その時ペクアンに放った台詞が「叔父上の目指す世の中には民の姿がありません。それこそが権力に溺れた醜態なのです」と。

嗚咽しながら「どうか安らかにお逝きください」といい、最愛なる叔父を刺してしまうのです。

ペクアンは邪魔になったキ・スンニャンを殺す計画だった時の一幕です。

キ・スンニャンとペクアンの間で苦悩した末、元の将来のために権力に溺れた叔父ではなくスンニャンの計画にのったのです。

最終回ももちろんですが、最終回から2話前のこのシーンはどれほど涙を流した方が多いでしょう。

チン・イハンはこのタルタル将軍役がかっこよすぎて、放送から8年も前の作品ですが未だにこの役のイメージが強い俳優さんです。

 

  • 韓国の史劇は怖い
  • 長編なので見るのがしんどい
  • 本当に面白いの?

と思われている方も多いと思いますが「奇皇后」を見ると韓国史劇への印象がガラリと変わる超・超・超大作です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です