ロシア・サンクトペテルブルグ「ラフリン道場」で柔道教室を開催しました。

2018年06月06日

浅井信幸ロシア交流担当をロシア・サンクトペテルブルグで行われた「第6回アナトリー・ラフリン記念ロシア全国少年柔道大会」に派遣し、ラフリン道場で柔道教室を開催しました。

* * * * * *

ラフリン先生を記念して行われる本大会も今年で6回目を迎え、先生の教え子でもあるウラジミール・プーチン大統領を迎え盛大に行われました。
今年は、ラフリン先生の誕生日である5月23日に、サンクトペテルブルグ経済フォーラムのプログラムの一環として開催されました。16カ国、12~14歳の男女約350名が参加し熱戦が繰り広げられました。優勝者には本法人の「柔道・友情・平和」というスローガンがプリントされたナップサックに入れた柔道衣が贈られました。

 
 翌日、ラフリン先生の道場で浅井が柔道教室を行いました。出足払、送足払を指導しました。稽古の最後に、「柔道では、戦う相手は敵ではない。相手がいるから自分を磨き高めることができる。相手を敬う心が大切だ。柔道でオリンピックチャンピオンになれるのは極僅かな選手だ。しかし、柔道の精神を人生に生かすよって、皆が人生のチャンピオンになることができる。柔道を通じて、世界中で柔道を愛する者と友情を育んでほしい。それが、平和への一歩になる」とメッセージを伝えました。
この柔道教室では、ラフリン先生の教え子で、本法人で半年間2回にわたり研修を受けたカーチャ・ブラステヴァさんがアシスタントを務めてくれました。

 

ロシア交流担当 浅井信幸

* * * * * * *

柔道大会の模様は、ロシア中央テレビでも放送されました。

https://youtu.be/3KM-psVTbMI(ロシア語)