10周年記念シンポジウムを開催しました!

2017年01月23日

2017年1月20日、東京都文京区東京ドームホテルにて10周年記念シンポジウムを開催しました。

初めに、山下理事長が本法人への10年間の皆さまからの支援について、

感謝を伝えました。

続いて光本事務局長が、10年間の活動について、動画を交えながら報告しました。

シンポジウムでは、山下理事長、井上康生氏、塚田真希さん、鈴木利一氏、

ご自分が体験したオリンピックについてお話しいただきました。

現役時代、リオ五輪について語る井上康生氏

女子柔道の今後の強化について語る塚田真希さん

リオ五輪で対戦相手や審判の分析を行った鈴木利一氏が、データの重要性を話しました。

朝日新聞社記者の野村周平氏がコーディネーターを務めました。

シンポジウムでは、2020年の東京オリンピックに向けての日本柔道選手の強化について意見交換を行いました。

約200名の会員及び一般の参加がありました。

 

続いて開催した祝賀会では、神奈川県知事の黒岩祐治氏、法務局刑事局長の林真琴氏より祝辞をいただきました。

 

この日に合わせて来日して下さった日中友好青島柔道館館長の徐殿平氏から、

乾杯の言葉をいただきました。

日本語で挨拶をする徐殿平氏。

ご多忙の中、多くの皆様に本法人10周年記念シンポジウムに足を運んでいただき心よりお礼申しげます。

シンポジウムの内容は、今後、講演録として会員の皆さまに郵送いたします。