第12回講演会と交流会を開催いたしました。

2012年06月05日

2012年5月31日に、広尾のJICA地球ひろばにて

第12回講演会と交流会を開催いたしましたので、以下ご報告いたします。

【講演会】18:00~19:30

昨年12月に山下理事長による『柔道を通した日露交流を語る』と題して講演させていただきましたが、

本年はその継続講演とし、山下理事長による『柔道を通した日中交流を語る』と題し

講演させていただきました。

今年もたくさんの参加者のご参加をいただきました。

まだNPO法人ができる前の2005年からの中国男子選手招へいプログラムや

青島と南京の日中友好柔道開設秘話等、今日に至るまでの日中交流について

お話しいただきました。

講演の一部をご紹介しますと:

柔道の創設者、嘉納治五郎師範が日清戦争終了後に清国から中国初の留学生を受け入れ、

日本語、日本語文法などの教育をしました。

これに続き、中国の教育の基礎を作るため、広東(かんとん)、南京(なんきん)、雲南(うんなん)、

甘粛(かんしゅく)など各地から留学生を受け入れました。宏文学院という留学生のための学校を創り

およそ7,000人の留学生に教育を施し、中国の教育の基礎を作る教育者として巣立たせたそうです。

その他の内容も含めて、今回の講演会の模様は、小冊子を作成し皆様にお送りさせていただきます。

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿

 【左から ファヒマサン・カ-チャさん・フローラさん】

 さて、講演に先立ち、昨年の12月から本法人が招へいしておりました以下3名の感謝の挨拶が

お集まりいただいた皆様にありました。

また、来日中に取得した講道館初段の授与、そして本法人からの研修終了証書を授与しました。

■ロシア人コーチ フローラ・ミカタリアンさん

♥フローラさんのスピーチ内容はこちらから(pdf)

■ロシア人コーチ カ-チャ・ブラウステヴァさん

♥カ-チャさんのスピーチ内容はこちらから

■アフガニスタンの柔道選手 ファヒマ・ラザイ―さん

♥ファヒマさんのスピーチ内容はこちらから

一生懸命練習した日本語で、精一杯感謝の気持ちを述べた彼女たちは時どき涙ぐむシーンもあり、

ご参加いただいた方の涙も誘っていました。心うつスピーチでした・・・

続いて山下理事長から本NPO法人の終了書と黒帯の授与です。

【ファヒマさん】

【カ-チャさん】

【フローラさん】

終了証授与後に山下理事長から彼女たちへ以下のような言葉がありました。

★☆ 帰国しても一度つながった絆は切れることはありません。

この研修で毎日とても頑張ってきた、その路があるから今回の困難も必ず乗り越えられます。

もしかしたら、未来は希望が開けているだけかもしれないけど(笑)・・・

一度縁ができたのだからいろいろな機会で協力できます。

少し遠くになるけれど、心は近くにいるから、共にがんばりましょう!

気をつけて帰国して下さい  ☆★

続いて、講道館初段の証書の授与が光本建次東海大学教授~ありました。

光本先生は彼女たちが来日中、毎日のトレーニングプログラム、及び指導研修のプログラムを

作成し、ご指導いただきました。

【左 光本先生 右 ファヒマさん】

【左 光本先生 右 カ-チャさん】

【左 光本先生 右 フローラさん】

以下、会場内でのスナップ写真をご紹介します!

【日本語の先生渡邉先生と】

【本法人ロシア担当 浅井信幸と】

【事務局のメンバー】

【山下先生のメッセージを熱心に聞く娘たち】

【皆でハイチーズ^^!】

私たちNPO法人柔道教育ソリダリティーは今後も中身の濃い講演会を企画していく予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

以上、講演会のご報告でした。