b. 中国男子柔道チーム支援

北京五輪・中国男子柔道チーム出場者決まる!


北京五輪・中国男子柔道チーム出場者決まる!

>>続きを読む

中国男子ナショナルチームより王選手を招聘しました。

 北京オリンピック後も継続して、中国男子柔道チームを支援することを目的にジュニアチームから王皓選手を招聘しました。

>>続きを読む

日本経済新聞1月1日(火)「架け橋の向こうに」

img_entry_080113.jpg 日本経済新聞1月1日(火)架け橋の向こうに「第1部①」に、光本健次教授の取材記事が掲載されました。

>>続きを読む

中国男子柔道ナショナルチームが来日しました

中国男子柔道ナショナルチームが10月12日(金)に、来日しました。

>>続きを読む

中国男子柔道チームが大健闘

 2007年9月13日~16日に行われた「世界選手権大会(ブラジル・リオデジャネイロ)」で中国男子柔道チームが大健闘しました。

>>続きを読む

中国男子柔道ナショナルチームが帰国しました

 6月5日に来日し東海大学で強化合宿を行っていた中国男子柔道ナショナルチームが7月10日に帰国しました。

>>続きを読む

中国男子柔道ナショナルチーム第5回強化合宿

 中国男子柔道ナショナルチームが6月5日に来日いたしました。

>>続きを読む

中国男子柔道チームが帰国しました

3月21日(水)に、中国男子柔道チームが帰国いたしました。

>>続きを読む

中国男子柔道チームを日本放送協会が取材

3月19日(月)、東海大学柔道部で練習を行っております中国男子柔道チームに、日本放送協会(NHK)ラジオの方が取材に来ました。

>>続きを読む

中国男子柔道チーム練習報告

 3月4日に来日し、東海大学で練習を行っている中国男子柔道チームですが、3月15日~16日の2日間、国際武道大学体育学部、柏崎克彦教授に柔道指導を受けました。

>>続きを読む

中国男子柔道チーム激励会

3月14日東海大学湘南校舎松前会館にて、中国男子柔道チームの激励を兼ねた、歓迎会を当法人主催で行いました。

>>続きを読む

中国男子柔道ナショナルチーム第4回強化合宿

3月4日、中国男子柔道ナショナルチームが、強化合宿のため来日いたしました。

>>続きを読む

青島日報より

2006年11月12日青島日報より
中日の友好の架け橋となる青島の柔道場の開設計画の調印式が昨日開催しました。
(写真:青島日報に掲載)

>>続きを読む

青島国際柔道大会

中国青島に・・・
日中友好青島柔道館開設調印式』に出席するため、そして『青島国際柔道大会』に国際柔道連盟の理事として参加するために行って参りました。

>>続きを読む

中国男子柔道チーム帰国

中国男子柔道チームが3週間の強化合宿を終え、帰国いたしました。
今回の合宿は、3週間と短かったのですが、警視庁道場、国士舘大学、日本体育大学への出稽古などを行いました。
【写真:東海大学での練習風景】

>>続きを読む

中国男子柔道ナショナルチーム来日

10月4日、中国男子柔道ナショナルチームが、強化合宿のため来日いたしました。
今回は刘監督とチェンコーチと9名の計11名が東海大学と中心に、警視庁武道館、国士舘大学、そして日本体育大学で行われる全日本代表合宿の練習に参加します。

>>続きを読む

中国男子ナショナルチーム来日決定

中国男子ナショナルチームの来日が決定いたしました。10月4日から10月23日で、日本体育大学で行われる全日本強化合宿、及び講道館や警視庁で練習に参加する予定です。
東海大学の柔道練習だけではなく、様々な環境での練習にも触れていただきたいという理由で、スケジュールが組まれました。

>>続きを読む

中国男子柔道チーム帰国

中国男子柔道チームが、6月20日からの強化合宿を終え、
本日8月21日、無事に帰国いたしました。
2ヶ月間の合宿の間には、東海大学だけでなく、
山梨学院大学や富士見高原の全日本合宿に参加いたしました。

6月20日の来日時より、はるかに体力がつき、柔道の技の部分でもたくさんのものを吸収して帰国したと思います。
この間、各方面でお世話になった方々に御礼を申し上げるとともに、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次回の来日は10月を予定しています。

>>続きを読む

中国男子柔道チーム 日本語講座

8月9日、中国男子柔道チームへ日本語講座を行いました。

中国柔道チーム15名が、日本語の勉強を東海大学にて行いました。第一回目ですので、日常の簡単な自己紹介と会話などを勉強いたしました。今後、柔道用語の勉強をしていく予定です。

柔道用語の正しい発音と、意味を知りたいそうです。


>>続きを読む

中国男子柔道チーム 東海大学 道場での稽古風景

(2006年7月2日~20日)

(左)LIU Likai(60kg)選手 vs. 東海大の学生
(右)JIA Yunbing(60kg)選手 vs. 東海大の学生

(左)Guo Lei(81kg)選手
(右)CHEN hai(100kg+)選手 vs. 井上康生




>>続きを読む

中国男子柔道チーム 日本の夏は、うなぎでのりきろう!

7月21日、(株)ローソン様から中国ナショナル柔道チームへ、うなぎの差し入れがありました。
暑い夏に負けずに、頑張って欲しいです!

自然とみんなのゴミをまとめてる選手もいました。


>>続きを読む

(株)ローソン 新浪社長のメッセージ

『山下先生の素晴らしい取り組みには、その志の高さに常々頭がさがります。中国男子柔道の皆様とお会いし、その力強さに触れ多くの方が活躍されると確信いたしました。ローソンは皆様を応援いたします。』
株式会社ローソン 代表取締役社長 CEO 新浪剛史

『NPO法人の趣旨にご賛同頂きありがとうございます。新浪社長の熱い思いを北京オリンピックへ向けた成果につなげて行きたいと思います。』
理事長  山下泰裕

>>続きを読む

暑い夏を乗り切る!中国柔道チーム歓迎バーベキュー!

7月10日(月)、中国柔道チームの歓迎バーベキューが東海大学松前会館にて、おこなわれました。6月20日に来日してから、約一ヶ月、休み無く練習に励んでいる中国男子柔道チームへの激励も兼ねていました。

同じアジアからの外国人修行者である、ベトナムの女子選手なども参加し総勢30名ほどの参加がありました。

今回が2回目の来日となったGUO選手とSI選手です。前回の合宿後には中国で行われたCHAMPION SHIPでGUO選手は81kg優勝、SI選手は73kgで3位の成績をおさめました。今回の合宿でも激しい稽古に取り組んでいます。

ベトナムのTU選手(48kg)と中国のCHEN選手(100kg)です。TU選手は、中国語を話すことが出来ますので、中国柔道チームとコミュニケーションを中国語でとっています。中国男子チームもベトナム女子チームも、12月のドーハで行われるアジア大会に出場するのが目標ですので、再開はドーハでということになります。

NPO法人柔道教育ソリダリティー副理事長の橋本敏明先生より、中国柔道チームへの激励の挨拶がありました。熱心に聞き入る選手たちです。通訳は、東海大学の中国人留学生趙君がおこなってくれました。

東海大学柔道部監督の中西英敏先生より、夏休みの抱負と「北京オリンピック柔道で、中国の国旗が一つでも上がるように努力していきたい」との挨拶が行われました。

山下泰裕先生より、「暑い夏ですが、これを乗り切れば必ず力になる。北京オリンピックに向け頑張って欲しい!」と激励の言葉がありました。「北京オリンピックに向けて」東海大学柔道チームも中国柔道チームも団結し、この暑い夏を乗り切る気力をこのバーベキューで蓄えました。

中国柔道チームのりゅうヘッドコーチと山下先生です。りゅうコーチの手に持っている、団扇の文字が印象に残りました。


>>続きを読む

(株)ローソンの新浪剛史代表取締役社長が中国ナショナル柔道チームを激励!!

(株)ローソン様から、NPO法人柔道教育ソリダリティーの中国柔道チーム支援活動に多大な援助をいただきました。今回は、中国ナショナル柔道チームへ激励と、全国のローソンで使用できるプリペードカードを選手たちに新浪社長自らお渡しくださいました。

新浪社長から、中国チームヘッドコーチの刘さんへローソンのプリペードカードが渡されました。通訳の東海大学留学生趙さんを通して、刘監督から、新波社長へ感謝の気持ちと北京オリンピックの記念品を送りました。

中国柔道チーム15人と新浪社長の集合写真です。中国チームもしだいに日本のトレーニングにもなれ、顔にも余裕が出てきているように見えます。

新波社長が中国チーム一人一人に激励をしてくださいました。新浪社長は流暢な中国語で挨拶をされ、中国チームがどっと沸いている場面がありました。

中国チームに直接激励に来てくださった新浪社長へ最後に刘監督から、中国柔道チームの今後の抱負が伝えられました。そして、新浪社長には大変お忙しい中、貴重な時間をさいての東海大学へご来校いただき、また中国チームへの激励のお心遣いに心から感謝いたします。


>>続きを読む

東洋水産(株)より、美味しい差し入れです!

NPO法人柔道教育ソリダリティーの中国ナショナル柔道チーム活動支援の一貫として、東洋水産(株)からカップラーメンの差し入れをいただきました。

東洋水産(株)の常務取締役水流良一様がお忙しい中、東海大学に来校してくださいました。道場まで足を運び、中国柔道ナショナルチームの刘監督に日本での練習の様子を尋ねていました。

水流様からカップラーメンと激励の言葉を受け、中国男子柔道ナショナルチームの刘ヘッドコーチ、チェンコーチは感謝していました。柔道選手13名を率いる2人には大きな胃袋の支えとなることでしょう。

車にいっぱいの差し入れに驚いた様子でした。長期の日本での強化合宿で、はじめに実費で購入した家電が、「湯沸かし器」の中国柔道チームです。少ない生活費でやりくりしている彼らには、大きな助けになることでしょう。東洋水産(株)様に心より感謝いたします。


>>続きを読む

中国柔道チーム再来日

北京オリンピックへ向けた中国男子チームが6月20日、今年3回目の来日をしました。今回は、コーチ2名、選手13名での来日です。大半の選手が前回の合宿で、東海大学に来ていますので、皆これまでより、リラックスをしてゆとりをもっていると思います。中国では、あまり稽古相手がいないそうで、東海大学で、日本で思いきり稽古に励めることを、非常に喜んで日本に来ています。私は、彼らをサポートすることができ非常に嬉しく思っております。

彼らの来日に関して、色々とご支援いただいているサポーターの方々、NPO法人のメンバーの方々に心から感謝いたします。実は最近、柔道創設者の嘉納治五郎師範が、中国人留学生の日本受入に非常に力を注いでいたと知りました。

日清戦争が終わった後、中国は日本から色々なことを学ぼうと日本に留学生を派遣しました。そのはじめの受入に嘉納師範は、非常に力を注いでいたそうです。はじめの第一陣の中国からの留学生を受け入れたのが、嘉納師範です。師範は当時、東京師範学校の校長をされていました。「中国を再建して行くには、留学生を送ることが大切である、多くの中国人を日本に送りなさい。」と提案されたそうです。そして、嘉納師範は、中国の留学生が日本の大学で学ぶ前に、日本語を学ぶ機関として弘文書院というものを設立いたしました。中国の文豪の魯迅など多くの人々がここで学んだそうです。

わたしの調べた範囲では、この弘文書院は13年間続きました、その間で中国からの留学生を7000名あまりが受け入れたそうです。
私にとっては、非常に嬉しい発見でした。

そして、あの当時から嘉納治五郎師範は、「自他共栄」の思想を国内だけでなく国際関係においても、実践していました。私が現在、多くの人の力を借りて、日本と中国の架け橋にわずかであるがなろうとしていること、それは柔道創設者の目指していたものとまったく同じものであると強く感じました。
私の友人の法政大学教授の王敏さんは、このことを本の中で書かれています(外交フォーラム7月号2006年No216p82-85)。

中国柔道チームが北京オリンピックでメダルを取るためには、まだまだかなりの努力が必要です。しかし、この柔道を通した交流が日本と中国の異文化交流に少しでも役にたてばと思います。これから夏に向け暑くなりますが、中国柔道チームには、怪我に気をつけて頑張っていって欲しいと思います。

>>続きを読む

熱烈歓迎!中国男子柔道チーム

中国柔道チームが6月20日中国国際航空CA925便にて、日本に再来日いたしました。

今回は、南京柔道チームも含め13名の選手と2名のコーチです。二度目の来日の選手が多いため、リラックスした様子でした。


出迎えに行った長瀬拓己君(東海大2年)は、久しぶりに会った中国柔道チームの選手と片言の中国語で再会を喜び合っていました。


17:00頃ようやく、今井荘に到着しました。明日から東海大学にて、強化合宿を8月31日まで行う予定です。


img_entry_060620_05.jpg
中国柔道チーム

>>続きを読む

夏に鍛える!!
暑い日本の夏に強化をはかる中国男子柔道チーム!!

中国柔道チーム再来日が決定いたしました!
今回は、6月20日~8月31日の予定です。中国柔道チーム監督は、中国柔道チームは中国に帰れば皆バラバラになってしまい、ランニングなどの練習しか出来ないことを嘆いていましたので再来日決定を心待ちにしているでしょう!

東海大学柔道部男子監督中西先生からのメッセージです。
「中国チームは、潜在能力がとてもある。今後、多様な柔道スタイルに接することで技術的向上が見られるだろう。体力・気力(精神力)は、とても備わっている。あとは、技・テクニックである。練習の量と質をこなしていければ2008年の北京五輪でのメダルも可能になるだろう。
はやく、東海に戻って来い!」

次の来日では、東海大学の夏合宿などにも参加する予定です。

>>続きを読む

中国男子チーム帰国最初の試合結果!!

東海大学での強化合宿を終え、中国で行われた”National Champion Ships"に選手が参加しました。帰国してすぐの試合でしたが参加選手全てが8位以内の入賞を果たしました。

結果は、
【60kg級】
JIA Yunbing選手 2位、LIU Likai選手 7位
【66kg級】
LI Yang選手 7位
【73kg級】
SHI Rongrong選手 優勝、ZHANG Yongyong選手 2位
ZENG Qingdong選手 3位、SI Rijikawa選手 3位
【81kg級】
GUO Lei選手 優勝
【90kg級】
XU Zhiming選手 3位、CHANG Dong選手 3位
【100kg級】
SONG Qitao選手 5位

>>続きを読む

中国男子柔道チームへのご支援、贈呈式

NPO柔道教育ソリダリティーの本年度事業計画「柔道による文化交流、 異文化理解の推進事業」のうちの「中国柔道支援および交流事業」へ、 トヨタ自動車株式会社様からご協賛をいただきました。

皆様のご支援により、中国柔道界からより多くの金メダリストが輩出されることを祈念しております。」
トヨタ自動車株式会社 取締役会長 奥田 碩

「この浄財を北京に向けた中国男子柔道の支援のため有効に活用させていただきたいと思っています。」
理事長 山下泰裕

写真:トヨタ自動車株式会社 奥田碩会長と山下泰裕理事長

>>続きを読む

中国男子柔道チームへのご支援、贈呈式

NPO柔道教育ソリダリティーの本年度事業計画「柔道による文化交流、 異文化理解の推進事業」のうちの「中国柔道支援および交流事業」へ、 全日本空輸株式会社様からご協賛をいただきました。

「山下先生のすばらしい取組みに参加することができ、誠に光栄です。」
全日本空輸株式会社 渡辺 俊隆

「この浄財を北京に向けた中国男子柔道の支援のため有効に活用させて
いただきたいと思っています。」
理事長 山下泰裕

写真:全日本空輸株式会社 営業推進本部宣伝部長 渡辺俊隆氏と山下泰裕理事長

>>続きを読む

中国男子柔道チームへのご支援、贈呈式

NPO柔道教育ソリダリティーの本年度事業計画「柔道による文化交流、 異文化理解の推進事業」のうちの「中国柔道支援および交流事業」へ、 新日本製鐵株式会社様からご協賛をいただきました。

「今回の支援を北京オリンピックに向けた中国男子柔道の強化と日中友好親善にご活用下さい。」
新日本製鐵(株)総務庶務グループリーダー 金子敦之

「この浄財を北京に向けた中国男子柔道の支援のため有効に活用させて いただきたいと思っています。」
理事長 山下泰裕

写真:新日本製鐵株式会社 総務部庶務グループリーダー 金子敦之氏と山下泰裕理事長

>>続きを読む

中国選手団帰国

二ヶ月間に及んだ東海大学での強化合宿も無事に終わり、沢山の文化交流と厳しい練習を乗り越えた選手たちは、自身に満ちた笑顔で東海大学を4月9日に発ち、同日帰国しました。北京オリンピックまで、あと数回東海大学にて強化合宿を行う予定、次回来日は、6月か7月になるそうです。

>>続きを読む

中国選手団練習「東海大学」

2月22日より、東海大学で本格的に練習を開始しています(青い柔道着が中国の選手です)。


早く新しい練習環境に慣れようと、一つ一つ技を確認しながら一生懸命練習している姿が見受けられました。2008年の北京オリンピック、柔道会場に一つでも中国の国旗が挙がるよう東海大学柔道部学生も一緒になって練習に打ち込んでいる姿に感動しました。

>>続きを読む

中国選手団東海大学に来日!

皆様のお陰をもちまして、2006年2月21日、全日空NH956便にて役員4名、選手15名が無事東海大学に到着しました。

●宿泊場所「今井荘」
第1第3今井荘の7部屋を借り、15名の選手が宿泊しています。



談話室兼キッチンには、大型冷蔵庫など家電製品を購入させていただき、各部屋には、エアコンを設置させていただきました。




>>続きを読む